驚きの効果!! 自動車用サンシェード * 夏場必須アイテム! 取付け簡単、ガソリン代節約!!
Text Size :  A A A
Img_e828a476cb0dd0e0ca4a762bd5d3696b
商品について
Q:「いつでも木陰」と「快適ウィンドーカバー」ではどちらが日除けとしての効果がありますか。
A: 日除けとしての効果はほとんど同じです。

Q:「いつでも木陰」と「快適ウィンドーカバー」ではどちらが耐候性がありますか。
A:「快適ウィンドーカバー」です。
「いつでも木陰」はアルミの蒸着面が表に出るため、酸・水に弱いというアルミニウムの性質上、雨(酸性雨)に合わせないよう注意が必要です。
「快適ウィンドーカバー」はボディカバーの生地を基本的な素材として開発。雨には注意を払う必要はなく、かつ特殊加工生地を二重にしていることにより、単純に考えてボディカバーの生地の2倍の耐候性があると言えるでしょう。

Q: 「いつでも木陰」と「快適ウィンドーカバー」の耐久性は?
A: ボディカバーを含め、車やバイク、自転車カバーなど外付けの製品のすべてに言えることですが、使用条件により非常に大きな差があります。概して、駐車の方角が真南に近いほど、そして気温が高いほど、かつ装着している時間が長いほど耐久性は低くなります。
また、「いつでも木陰」の場合は、雨に当たったかどうかで全く違ってきます。
「快適ウィンドーカバー」は2012年開発の商品なので、現在モニター調査中です。

Q: 外付けだと盗難のおそれはありませんか。また、風で飛ばされることはありませんか。
A: ドアに掛けるひもの上下に滑り止めが付いていて、それがウェザーストリップに引っ掛かるため、人為的に外側から外すことはできません(ロックを解除して外す仕組みです)。ただし、切取りによる持去りを防ぐことはできません(切り取ってしまうと使えなくなりますが)。
風に飛ばされることもありません。ただし、台風のような強風の場合は、念のため使わないようにしてください。
Img_98695cc3fffe7791e76584a0f842b330
車内温度について
Q: 車内温度が気温より高くなるのはなぜですか。
A: 太陽光(電磁波の一種)を吸収したダッシュボードやシート、窓ガラスその他もろもろから発せられる熱が車内空間の温度上昇を引き起こします。この温められた空気は外に出て行かないため、時間とともに熱が車内に蓄積されて行きます。

Q: 外付けの方が車内に着ける場合より効果があるのはなぜですか。
A: 外付けの場合、車の外でほとんどの太陽光が遮断されます。これに対し、サンシェードを車内に取り付ける場合、太陽光はいったん車のなかに入ってきます。サンシェードに遮られてもあくまで車内でのことで、やがて車内全体が温まります。

Q: 100円ショップで購入できる車内取付けのサンシェードを外側に着ける場合は、効果がありますか。
A: このサンシェードは裏が発泡ポリエチレンで表側にアルミ蒸着面が出ています。「いつでも木陰」と同じくアルミの面が太陽光を反射するので、一定の効果はあります。ただ、フロントガラスだけをカバーするタイプの場合は、両サイドのウィンドーから入る光を遮蔽することはできないので、車内温度の上昇を抑える効果はかなり低くなります。
また、「いつでも木陰」と同様、雨に合わせるとまもなく劣化します。太陽の光は非常に強烈で、アルミが剥がれ、裏の発泡ポリエチレンももろくなります。
Img_207e3f2a06a4beaa1eacaf99c31c1edf























Img_eb5b98b4d6c716aa2fe8abe4426264e6
エコについて
Q: 車内温度を低く保つとCO2 の排出量を減らせる、とはどういうことですか?
A: 車内温度が高いときカーエアコンははマックスで働き始めます。家庭のエアコンとちがい、カーエアコンは強力ですので、このとき非常に多くの燃料を消費し、同時にCO2の排出量が増大します。
従って、車内温度を低く保つことで燃料消費量を抑え、CO2の排出量を大きく削減することができます。
※資源エネルギー庁では、「(室内温度を24℃に設定すると)外気温35℃の炎天下の条件相当では、エアコンオフに比べ、燃料消費量は38%増加します」としています。

Q: 外付けサンシェードを使用することで、どの程度CO2の排出量を削減できますか?
A: 実測では、全行程マックス(強冷強風)で冷房して走行した場合、全行程冷房なしで走行した場合に比べ、燃料消費量は46%の増加が記録されました(「データ集」参照)。

Q: 車で通勤しています。サンシェードを使用することで、どのような効果がありますか?
A: 屋外の駐車場を契約し自動車通勤している人の場合、夜明け前の低い温度からあまり温度上昇していない状態の車に乗ることができますので、不快感はあまりなく、かつ、毎日、運転開始時の冷房にかかる燃料消費量を減らすことできます。

Q: 冬季、外付けサンシェードを使用することで、エコに関し何らかの影響はあり得ますか? A: 外付けサンシェードは運転席周りのガラスへの着氷を完全に防ぐことができるので(サンシェードの外側に着氷するため)、寒冷地での霜取りのために暖機運転をする必要がなくなります。省エネルギーセンターの調べによると、暖機運転することで燃料消費が増大することが示されており(「データ集」参照)、寒冷地においては冬季外付けサンシェードを使うことで省エネが見込まれます。

よくある質問
Q: 車内温度が高いとどんなことが起きますか?
A: 車内温度の高温化は、ダッシュボード上の簡易ガスライターのガス漏れ、ドリンクホルダーに置いた炭酸飲料のアルミ缶の破裂などの危険な事故も引き起こすことが、JAFや国民生活センターなどの実験で確認されています。また、パソコンなどの電子機器の故障につながることもよく知られています。
さらに、しばしばチャイルドシートの金具による子どものやけども起きています。

Q: 外付けがそれほど効果的なのに、これまでそのような商品が出ていないのはなぜ?
A: 実は、外付けのサンシェードは何十年も前から工夫され、実際に特許出願も多々なされています(特許庁電子図書館参照)。ゴム磁石で要所々々を止める、シートの端をウィンドーガラスに挟み込む、遮蔽板を取り付ける等々です。しかしながら、車の大きさも形も多様であるため、量産が難しく、また、外付けの場合、風で飛ばされたり外部から外されたりする恐れもあって、実用化されて来ませんでした。

Q: 外付けサンシェードがホームセンターやカー用品のお店で売られていないのはなぜ?
A: この製品は耐候性と日除けとしての性能が必要不可欠な原材料とその加工に一定のコストがかかり、さらに縫製品であるため工賃を下げることが難しいのです。
このように製品の原価が高いため流通に乗せる場合は現在の価格の1.5倍相当の売値とならざるを得ず、一般の人に手の届く価格で商品を提供するには、ウェブ販売によらざるを得ないのです。
マメ知識
●「外付け」サンシェードの効果が高い理由 .
・太陽の光の中には、可視光線(目に見える光)、赤外線(目に見えない光で、ものを温めるはたらきがある)、紫外線(目に見えない光で、日焼けの原因になる)が含まれています。
・太陽の光のエネルギーは可視光線47%、赤外線50%、紫外線3%です。
・赤外線は波長によって近赤外線(0.7〜2.5μm)、中赤外線(2.5〜4μm)、遠赤外線(4〜1000μm)に分類されます。
・車のフロントガラスは可視光線をほぼすべて(約80%)、近赤外線の約40%を透過します。
・また、紫外線はわずかに(約1%)透過しますが、中赤外線、遠赤外線はほとんど透過しません。
・フロントガラスを透過した可視光線および近赤外線は車の中のダッシュボード、座席、ステアリングなどに吸収されて熱に変わります。その発生した熱のために遠赤外線が発生しますが、フロントガラスは遠赤外線を透過しないので、車の外に出て行くことができません。そのため、車内温度が上昇します。
(図A)サンシェードをつけない場合
 フロントガラスを透過した太陽光に含まれる可視光線および近赤外線は車の中で吸収されて熱に変わるので、締め切った車内の温度は短時間で急激に上昇します。

(図B)サンシェードをフロントガラスの内側につけた場合
 フロントガラスを透過した太陽の光の中に含まれる可視光線および近赤外線はサンシェードでかなり反射されますが、フロントガラスやサンシェードが吸収した可視光や近赤外線によって発生する熱のため、締め切った車内の温度は徐々に上昇していきます。
※フロントガラスの内側にサンシェードを取り付けるための吸盤は劣化が早く、また接着面のガラスをきれいに保つことが容易ではないため、しばしばサンシェードが内側に倒れ込んでしまい、フロントガラスとの間に大きく隙間が空きます。そのため車内に光が入り、熱が蓄積されるため、ほとんど効果がなくなってしまします。

(図C)サンシェードをフロントガラスの外側につけた場合
 太陽の光に含まれる可視光線、赤外線、紫外線ともにサンシェードでほとんどすべて(約90%)が反射されます。そのため、フロントガラスが高温になることもなく、締め切った車内の温度はあまり上昇しません。
※フロントガラスの外側に取り付けるサンシェードは、取り外さない限り、安定的に効果が継続します。
※風があるときはウィンドーとサンシェードの間に空気が流通するので、いっそう温度上昇を抑える効果があります。

・今日ほとんどの車の後部座席側面のガラス及びリアウィンドーは赤外線カットガラス(可視光もかなりカットしている)なので、外付けサンシェードを着けることにより全方向からの太陽光をほぼ遮蔽することになります。外付けサンシェードの効果が高いのはこのためです。
・車のウィンドーをすきまなく覆うことで、車内温度の上昇を防ぎ、冷房に掛かる燃料消費量を抑えることができます。その結果、CO2の排出量削減に寄与することとなります。


■トップページに戻る
Img_c8cd628375aa96638a06b62da8b31bc9
サンシェードをつけない場合
Img_64da55530930cf8726fcadd497baeffd
サンシェードをフロントガラスの内側につけた場合
Img_b6132256aa8638c5b2a03626a6733f5f
サンシェードをフロントガラスの外側につけた場合